Informationお知らせ

あなたはどのタイプ?3種類の冷え症!!

Q1)体の部分に冷えを感じますか?

  A 手・足がいつも冷たい

  B 手は温かいが、足だけが冷たい

  C 手足は冷たくならない

Q4)寒い所に行くと、どこから冷えを感じますか?

 A 手足の先からすぐに冷たくなる

 B 足の指先やふくらはぎが冷え、腰も冷たくなる

 C 下腹から冷えるが太腿や二の腕が冷えることもある

Q2)普段どのくらう汗をかきますか?

  A 汗はあまりかかない

  B 上半身に主に汗をかく

  C 全身汗をかく

Q5)冷えを感じた時に他どのような症状を感じますか?

  A 頭痛

  B 上半身・顔などのほてり

  C 腹痛(お腹の張りや下痢など)

Q3)普段どのくらい食事の量をとりますか?

  A 少なめ

  B ふつう

  C 多め

■5問の問いに答え、点数を計算して一番多いものが自分の冷えタイプです。

*Q1のみ2点、他は1点で計算

 

Aが多かった人手足の末端が冷える四肢末端冷え性

偏ったダイエットや運動不足が原因で、熱をうまく作れない・運べない状態です。ダイエットなどで食事に偏りがでると、体の熱エネルギーが不足します。また、筋肉は、血流を促進するポンプの役割をしていますが、運動不足で筋力が低下すると、血流が循環しにくくなります。筋肉をつけることで、末端まで血流を行き渡らせることができるようになります。

 

Bが多かった人足先から腰の下半身が冷える下半身型冷え性

加齢やむくみなどが原因で下半身に熱が運べないタイプ。この冷え性になる原因は、お尻にある筋肉「梨状筋」が硬くなることで、坐骨神経がダメージを受けることにもあります。後方や前方に必要以上に傾く姿勢はNG。ウォーキングなどの軽い運動や足指の運動、ふくらはぎのマッサージをすることで、血液の循環を促進することが大切です。

 

Cが多かった人体の中で冷えている内蔵型冷え性

冷たい物やアルコール等が原因で内臓が冷えています。汗をかきやすく熱が逃げてしまうため、風にあたると極端な寒気を感じることも。内蔵型冷え性の人の改善法は、体の芯を温めこと。冷たい物を摂り過ぎないようにし、お風呂にゆっくり入り、体の芯を温め、代謝のよい体づくりをすることがポイントです。

次回、全てのタイプにおすすめの冷え対策をご紹介します。