Informationお知らせ

現代人に急増中!手足は温かいのに内臓は冷えきっていませんか?

 

隠れ冷え性!」チェック!!

 

□手足はいつも温かく、ほてりを感じる事も・・・

だけど すっごく寒がりなんです

□寒いから暖房を付けると、顔が真っ赤に逆上せてしまう

□冷房は苦手、ひどい時はお腹をこわす事もあります

 

 

 

こんな経験をされている方は、まさに「隠れ冷え性」の可能性です😿

 

 

「皮膚温度上昇タイプの冷え性」と言われ一見、身体が温かいので「冷え性はない」と勘違いします。

しかし、このタイプの冷え性は内臓周囲の温度は2~3度も低くなっているのが特徴です。

 

多くは慢性的な冷えが引き金になり、抹消血管の「収縮・拡張をコントロール」している自律神経が乱れ、手足の抹消血管が拡張しっ放しになっています。

自律神経が正常な場合、寒くなれば熱が逃げないように「血管は収縮」し、熱くなれば血管を拡張し放散させ体温を一定に維持します。

この当たり前の反応が長年の冷えによりコントロール不能になっているのです。

身体の抹消はいつも温かく、一方で大切な内臓は血流が集まらず、キンキンに冷えています!

 

こんな方にお勧めするのは、足・手の指を摩擦して自律神経や血管の機能を改善する指先塩マッサージ。👣

乾布摩擦のようなものです。

 

抹消から皮膚への刺激が延髄を介し、迷走神経に影響を及ぼし、自律神経の働きを高めるといわれています。

結果コントロール不能であった抹消の血管は正常に動きだし、大切な内臓に血流を集めはじめます。

そして同時に身体のさまざまな症状(肩こり、腰痛、関節痛、不眠、イライラ、疲労感など)が消失した症例も数多くみられます。✨

 

足指先ソルトマッサージ

症状がひどい場合には、1日2回程度行なうと

 

(1)ソルトマッサージジェル(大さじ山盛り2杯)を用意します。

あぐらの体勢がマッサージしやすいですよ。🎶

入浴時に一時湯船につかり、温まった後行いましょう。

 

(2)用意したソルトマッサージジェルの半分を両手にとって足首より下全体に伸ばします。

次に残り半分を数回に分けて使い足の指のみを「付け根から指先に」「指先から付け根に」の要領で上下に、こするようにマッサージを行ないます。

 

(3)足の裏側を両手の親指を使って指圧の要領でマッサージを行ないます。

指の根元から踵に向けてやや痛みを感じる程度の圧でしっかり「足底筋群」をほぐします。

 

(4)足の指と指とのあいだに手の指を入れ、指を狭む要領で足指両側のマッサ―ジ。

とくに爪の付け根にある「井穴(いしょう)をしっかり刺激します。

 

(5)片側約2分間、足の指先がやや赤くなるまで行いましょう。

 

夏場でも、冷房の効いた部屋や冷たい飲み物を欲する時期では意外と体は冷えているものです☃

ぜひ、お家でのリラックスタイムに活用してみてくださいね🌷